1. トップ
  2. 料理

料理

もてなしの心と郷土愛を込めた、無二のご馳走 

  • 手間ひまを惜しまず、手作りを信条に

    当宿では手作りを信条としており、日本料理の伝統を忠実に受け継ぎ、調理人が一品一品丁寧に調理しております。また農産物に恵まれた土地柄を生かし、旬の地物を中心に山・海・川の恵みをバランス良く取り揃えております。
  • スタンダード/泰凛会席

    当宿で定番のコースです。
    朝倉周辺でとれた食材や郷土料理など、地元食も盛り込んだ季節の会席をご賞味頂けます。
    【秋(9月~11月)の献立例】
    夕食 : 泰凛会席
    食前酒:季節のカクテル
    旬 彩:季節の盛合せ 
    造 里:間八、加治木鮪、水烏賊  
    焼 物:筑後川名物 鮎の塩焼き ※
    蒸 物:郷土料理「筑前朝倉蒸し雑煮」
    替 鉢:秋の彩り野菜と秋月古処鶏スープ煮 
    揚 物:東寺巻と秋野菜天婦羅盛合せ
    止 肴:餡かけ朝倉蕎麦 柚子豆腐
    食 事:鹿尾菜釜飯
    香 物: 3種盛り
    デザート
    ※鮎は10月頃までのご提供となり、その後は鱒朴葉焼きに変更予定です。 

    ※写真はイメージです。内容一部は変更になる場合がございます。
  • グレードアップ/泉水会席

    スタンダードよりランクアップご希望の方に!
    うち一品、味付けが好評の「鯛の兜煮」または定番の「天ぷら」どちからかお好きな方をチョイスできるのも特徴です。
    【秋(9月〜11月)の献立例】
    食前酒:季節のカクテル
    前菜:季節の盛合せ
    造里:間八、水烏賊、加治木鮪、鯛
    焼物:筑後川名物 鮎の塩焼き ※
    蒸物:郷土料理「筑前朝倉蒸し雑煮」
    止肴:餡掛け朝倉蕎麦
    食事:鹿尾菜釜飯
    香物:3種盛り
    デザート
    ※鮎は10月頃までのご提供となり、その後は鱒朴葉焼きに変更予定です。

    ★チョイス一品 (煮物または揚物どちらかお好きな方をお選び下さい)
    A:煮物/鯛兜煮
    B:揚物/海老天婦羅 蓮根はさみ揚げ
    ※写真はイメージです。内容一部は変更になる場合がございます。
  • 特別室のために/鶴翔会席

    鶴翔会席は主に当宿の特別室である「貴賓室・好日の間」「離れ家・紅塵庵」でお出ししているお料理で、質にこだわった内容でおもてなし致します。
    【秋(9月~11月)の献立例】
    食前酒:季節のカクテル
    旬彩:季節の盛合せ 
    吸物:松茸土瓶蒸し
    造里:玄界海の幸盛合せ
    焼物:筑後川名物 鮎の塩焼き ※
    蒸物:鱧しゃぶ
    替鉢:豊後和牛ステーキ
    留肴:餡掛け蕎麦
    食事:松茸釜飯
    香物:三種盛り   
    デザート
    ※鮎は10月頃までのご提供となり、その後は鱒朴葉焼きに変更予定です

    ※写真はイメージです。内容一部は変更になる場合がございます。
  • ご朝食

    選んで楽しい!食べて美味しい!地元筑後の食材たっぷりの約80種類の和洋バイキング。
    泰泉閣名物の自家製だし巻き卵は、目の前で実演される料理人の職人技も必見です。
    しっかりと出汁のうま味を最大限に活かした郷土ならではの優しい甘さで、箸で摘まんだだけで伝わるフワフワ感を、出来たてアツアツで是非ご賞味ください。

    ※場合により和定食(セットメニュー)での提供になることがございます。その際は事前にご連絡差し上げます。
  • 筑後川で育まれた鮎

    原鶴温泉も横断する九州一の大河「筑後川」では鮎や鯉などの川魚も生息しており、古くから伝わる伝統漁法「鵜飼い」も行われています。川魚というと苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが、なかでも鮎はさっぱりとして食べやすいお魚です。 
    定番の「鮎の塩焼き」のほか、「鮎の背ごし」や「鮎の松前寿司」もおすすめ!
    尚、鮎は筑後川での鮎漁解禁5月20日以降~10月頃までのご提供となります。
  • 筑後の恵み ~豊富な食材と味わい~